私の経験から考える予備校の選び方

自分に合った予備校の選び方

これらの私の経験から言えることは、自分に合った予備校の選び方は、費用、時間、自分のタイプや生活スタイル、そして志望校合格のための強い意志を持っているかどうかによると思います。
乱暴な言い方をすれば、どこを選ぶかというよりも、自分がその予備校を利用して志望校合格まで頑張れるかどうかということなのだと思います。
正直、費用も相当かかりますので、費用を出してくれる保護者の事情も考えて、自分がここならやっていけるというところを選べばいいのだと思います。
自分も周囲の友人も、大学の門が広くなったとはいえ、やはり難関校に入学するのはそう簡単なことではないというのが実情です。
目先のことだけにとらわれて勉強を進めがちですが、自分が志望校にたどり着くための効率の良い道筋はあるはずだと感じています。
回り道をしても得られるものはあるかもしれませんが、長年大学受験のノウハウを研究している予備校を利用するのも一つの手だと思います。
自分に合った予備校は自分で選ぶしかありません。

予備校の様々な特徴様々な予備校形態のメリットなど自分に合った予備校の選び方